小さい頃から矯正できる

かなり幼い頃から、歯並びを矯正することができます。 早めに改善していた方が良いので、歯医者に相談してください。 その際は大人が通う歯医者ではなく、子供を受け付けている小児歯科に行きましょう。 これから歯並びが悪くならないように、対策を教えてくれるところも見られます。

いじめの原因になることもある

小学生ぐらいになると、上下の歯のバランスを見ながら矯正します。 歯並びが悪いことで、学校でいじられたりして悲しい思いをするかもしれません。 そのようなデメリットがあるので、早く矯正して綺麗な歯並びにしていた方が良いです。 顎に問題がある場合も、小児歯科で治療できます。

マウスピースを使って矯正する

12歳以上の子供は、マウスピースを使った本格的な矯正ができます。 ずっとマウスピースを付けたままで生活を送るので、慣れるまで気になるかもしれません。 近頃、透明な目立たないマウスピースも利用されています。 それなら見た目が気にならないので、精神的な負担が減るでしょう。

乳歯が生えている状態

5歳以下の、乳歯の段階でも歯科矯正ができます。
子供の歯並びが気になっている人は、小児矯正を受けさせてください。
乳歯は、永久歯に生まれ変わります。
しかし歯が生まれ変わったところで、歯並びは改善されません。
自分で歯並びを矯正するのは難しいので、歯医者に行ってください。
この時に歯並びが悪くなる原因になる、指しゃぶりなどを改善する方法も教えてくれます。
歯並びが悪化しないように、歯医者に行くのも良いと思います。

6歳から12歳ぐらいまでの子供の場合は、歯のバランスを見て矯正を開始します。
バランスが悪いとうまく噛み合わせることができませんし、見た目も他の人と違ってしまいます。
子供は見た目が異なっている人がいると、からかってしまうことが多いです。
歯並びが悪いことが原因で、いじめが起こらないように前もって改善しておきましょう。
顎の発達に問題がある場合は、発達を促進する治療が行われます。

13歳以降になると、本格的に歯並びの改善が始まります。
この時は大人と同じようにマウスピースを使って、矯正することが多いです。
慣れればきにならないので、装着したまま勉強に取り組むことができるでしょう。
きちんとマウスピースを付けていないと、矯正できません。
最近は透明なマウスピースも登場しているので、子供が見た目を気にしている場合は、そのような道具を使ってもらいましょう。
矯正の方法を親だけでなく、子供にも理解させることが重要です。

おすすめリンク

脳梗塞後遺症とリハビリの効果

脳梗塞後遺症があるとリハビリが勧められますが、どれぐらいでどの程度の効果が期待できるのでしょうか。

新橋のクリーニングをやってる歯科

歯を磨くだけでは大切な歯は守れません。新橋の歯科の定期クリーニングで口内トラブル予防を。

評判の良い銀座美容サロンは格安で全身脱毛が出来ます!

銀座にある評判の美容サロン!全身脱毛を格安で施術してもらえるので多くの女性から支持を得ています。

八千代市の子連れに優しい歯科医院

八千代市でキッズスペースや託児所のある歯科医院をご紹介。お子さま連れでの治療も安心です。

茨木市にある内科病院は説明が上手

茨木市にある内科病院の医師は病気の説明も丁寧でわかりやすいと評判!医師との信頼関係が重要です。