マウスピースを使って矯正する

ずっと装着している

子供の歯の形に合わせて、マウスピースを作ります。
そして、ずっと着けっぱなしにしなければいけません。
子供は慣れないうちは嫌がるかもしれませんが、しっかり付けないと歯並びが良くならないことを伝えてください。
慣れると、マウスピースを付けたままでも普通に生活を送ることができます。

勉強している時も、集中できるでしょう。
歯を磨く時や、食事をする時だけ外せる場合もあります。
しかしマウスピースを外したら、必ず装着することを忘れないでください。
装着していない時間が長時間になると、これまでの効果が失われてしまいます。
医師から矯正の方法を聞く際は、子供にも聞かせてください。
そして理解できているかの、確認しましょう。

目立たないマウスピースが良い

透明なマウスピースは、装着していることが周囲に気づかれにくいので、見た目が気になる子供でも使用できると思います。
思春期の子供は、自分の見た目を気にして、悩んでしまうことが多いです。
歯並びが悪いことが嫌だけれど、マウスピースを装着しながら学校に行くことも嫌だと考えているかもしれません。

透明なマウスピースなら、悩みを改善できるので医師に伝えてください。
大きくて新しい設備が整っている小児歯科なら、透明なマウスピースを制作してくれるでしょう。
歯の矯正に慣れている小児歯科に行くと良いですね。
それなら、こちらの希望を叶えてくれやすいです。
経験が浅い医師に任せると、手順を間違えてしまう可能性があるので不安です。


この記事をシェアする