いじめの原因になることもある

上下の歯のバランスを見る

歯のバランスが悪いと、見た目が変になってしまいます。
小学生は、見た目が違う人に敏感です。
歯並びが悪いことを指摘されて、子供が傷つくかもしれません。
早めに改善していれば、そのようなトラブルが起こることを回避できます。
歯医者に上下の歯のバランスを見てもらって、矯正してください。

形が変であることを気にしていた子供に、矯正すれば直ることを伝えてください。
子供が積極的に、治療に臨みたくなるように説明してください。
ですから、このまま歯並びが悪い状態のまま過ごすデメリットなども教えましょう。
デメリットがあることがわかると、子供でも矯正しようという気持ちになると思います。
親が、子供の歯科矯正を応援してあげてください。

顎の発達に問題がある

顎と歯は、密接な関係にあります。
発達が良くないことが原因で、歯並びが悪くなってしまうかもしれません。
顎に問題があると医師が診断した場合は、顎の発達を促進させる治療をします。
すると歯並びが綺麗になるので、悩みを解消できるでしょう。
ずっと悩んでいないで、医師に相談してください。

子供は気になっていても、自分から歯を矯正したいと言い出せないかもしれません。
親が、子供に歯並びが気になっていないか尋ねてください。
子供の場合は、短期間で矯正が終了することが多いです。
誰にも気づかれずに矯正したいなら、夏休みなどの長期休みを狙うと良いでしょう。
夏休みの初日に矯正を始めると、学校に行く頃には歯並びが綺麗になっているはずです。


この記事をシェアする