小さい頃から矯正できる

3歳から5歳ぐらいの子供

子供に乳歯が生えてきたら、歯並びが綺麗か調べてください。
その段階ですでに、歯並びに異変が見られる子供もいます。
しかし幼い頃から歯科矯正できるので、安心してください。
小児歯科に行って相談しましょう。
3歳から5歳の子供の場合は、ずれている顎を治療する方法になります。

顎に問題があることで歯並びが悪くなっているので、顎を解消すると自然に歯並びも綺麗になります。
小さい頃の方が矯正しやすいと言われています。
大人になってからでは、矯正が完了するまでに時間もかかりますし、歯医者に行く時間がなくなるかもしれません。
子供のうちに矯正できるものは、済ませておきましょう。
身近に、矯正ができる小児歯科がないか探してください。

歯並びが悪くなる原因とは

指をしゃぶる癖がある子供が多いですが、それが歯並びの悪くなる原因になるのでやめさせてください。
歯医者に行くと、歯並びが悪くなる原因も教えてくれます。
子供に心当たりがある場合は、すぐ改善するように意識してください。
そのまま子供の癖を放っておくと、さらに歯並びが悪くなってしまいます。

また舌の使い方に癖があることで、歯並びが悪くなります。
素人が見ても、正しい舌の使い方なのかわからないかもしれません。
専的な知識を持っている医師に見てもらった方が良いでしょう。
医師に癖を治す習慣を言われたら、守ってください。
守らないと歯並びが悪化して、矯正するのが大変になります。
子供の歯並びをよく見て、その時にふさわしい対応をしましょう。


この記事をシェアする